lgf01a201409232100
風俗行くので、今日は会社休みます。
言ってみたい。このセリフ。首でしょうね。でなくても完全に干されますね。
これ、こじらせ女子の処女が言うのはいいんですか!?って話ですよ。
男だって、急に風俗行きたくなって休みたくなる時なんて多々ありますよ。
先日、高田馬場で飲んでいて、案の定飲み過ぎてお泊りすることに。
ホテルに着いたら酔いが冷めてきて、急に一人が寂しくなってきたんです。
明日は仕事だからもう寝よう、そりゃ、そう思いましたよ。
でもどうしてもいてもたってもいられなくなって、風俗のサイトを調べてしまったのです。
で、デリヘルをよんでしまったのです。
来たのが18歳のデリヘル嬢。元気だ、元気すぎる。声が高い。テンションも高い。
頭に響くし、この仕事がよっぽど好きなのか、いろんなことを求めてくよ。
普段ならうれしいことも、今日はもう気持ち悪い。デリヘル嬢が帰った後は
もうぐったりだし、胸やけするし…ということで、今日は会社休みます。休ませて下さい。

deriheru01
高田馬場の場所はご存知ですか?実は新宿区にあるのです。これは意外に知られていないことが多く、東京都民であっても池袋などがある豊島区にあると思っている人が多いようです。これは場所の問題もありますが、街のイメージもあるのです。
ですから、新宿デリヘルを呼ぼうと思った場合、高田馬場にあるラブホテルを利用すれば、全く問題なく大抵は余裕で呼ぶことができます。現に昨日も私は高田馬場のホテルから新宿のデリヘルを呼んでみましたので、その時の話をします。
そもそも新宿のデリヘルと言っても、それは新宿を商圏にしているデリヘル店舗というだけであって、お店のさじかげんです。極端な話ですが、待機所や店舗は池袋にあるが、そこから20分くらいですぐに高田馬場まで派遣できるなら問題ありません。
つまりオーナーが新宿を商圏にしようと決めてそう案内するだけで新宿のデリヘルになります。もちろん、新宿発なら問題なく高田馬場で利用できます。私が呼んだのはちょっとロリ系の女の子でしたが、非常に可愛くて年齢が心配になったくらいです。
しかし、聞くと25歳ということでかなり意外でびっくりしました。デリヘルには時にこんな大当たりがあるので、やっぱりやめられませんね。楽しいものです。新宿は特に人が多い街ですし、宿泊者も多いのでデリヘルは盛んと言えます。

mati01
新宿と高田馬場の比較をしてみます。そもそも高田馬場自体も「新宿区」というくくりではそこに含まれる地名ですので本来比較にはなりませんが、ここでは新宿駅の周辺を新宿、高田馬場駅の周辺を高田馬場という定義にして比べてみます。
まず飲食店の数ですが、駅前の同じ面積だけで比べると実は新宿駅でも高田馬場駅でも、だいたい同じくらいの密度であると言われています。厳密に数を数えると新宿の方が多いかもしれませんが、その密度は同じくらいなのです。
これはいくら新宿が都会だと言っても、同じ面積内における限界の飲食店の数というのはやはり決まっていますし、また新宿駅の目の前に飲食店を出すとなるとどれだけの家賃になるのかというのも考えると恐ろしいことですね。
しかし、高田馬場の駅前のお店は老舗が多く、新宿駅の場合は比較的入れ替わりが激しいということが言えます。とにかく、飲食店に限らず対象ユーザーは多い代わりに、その生き残りをかけた競争もよりシビアに求められるのが新宿なのです。
そして、この2つの街を比べるとなかなか面白い事実が分かってきます。新宿には何でもありますが、それはわりと広い範囲を含めて何でもあるということですが、高田馬場はそれが狭い範囲内にいろいろあるということが地図でも分かります。

mati02
東京都内にはいくつもの学生街があります。学生街とは学生が多い街というそのままの意味に解釈しますが、もちろん学生は日本全国どこにでもいます。そもそも中学生だって学生なのですから、特に人口が多い街なら学生街と言えます。
しかし、本来良く使われる意味での「学生街」という言葉を考えるとちょっと違います。つまり街によく歩いていてメインの消費ユーザーの多くが、学生であるという街です。すなわち中学生や高校生がお金を持ち歩いて、自由な消費はしません。
どちらかというとこれは大学生が多い街という意味になります。そして、どんなところが学生街になりやすいかというと、つまり多くの大学のキャンパスが集まっているところや、巨大な有名マンモス大学がある最寄駅周辺などがそうです。
つまり、アルバイトや仕送りなどで自分で生活するということを覚え始める年代である大学生が、もちろん大金は持っていなくともファッションや食べるものに関しては自分の責任で消費するようになると、そこは学生向けのお店が人気となります。
次第にその傾向が強くなってきて、学生が多くいる街は高田馬場というのが、その代表格であることは間違いありません。また、電車の乗り降りを見ていても、高田馬場駅で降りる人は大学生が多いことが分かるでしょう。